アジアマーケットを対象にビジネスをやる(やりたい)人々が集う場所

◎閉塞し続ける日本経済。今後の未来は明るいか?
◎世界が最も注目するアジアマーケットに進出するためには?
◎中小企業がアジアマーケットに進出するためのスキームとは?
◎グローバル化された世界経済の中、日本国内のみに資産形成をしていて大丈夫か?

2020年の東京オリンピックを折り返しに日本の経済は激動の時代を迎えると言われています。今の時代はインバウンド一辺倒ですね。
インバウンドのみのビジネスで大丈夫ですか?
2020年を機にアウトバンドの時代を迎えることになるのではないかと考えます。

その時、あなたのビジネスは大丈夫ですか?

 

異業種交流 Visioneは、
『アジア』のキーワードで集まった人々で人脈を形成したい方には最善の交流会ではないかと思います。
上記に書いたような重い会話だけではなく、ライトな話ももちろん大歓迎です。

まず気楽にアジアの会話に触れたいあなたもお気軽に足をお運びください。

 

また、異業種交流 Visioneではアジアに出て行くきっかけとしてイベントが最適だと考えています。イベントは海外交流になりますので、食品などと違って法律の規制が緩いです。

この海外のイベントに絡めてビジネススキームを考えることによって低リスクで海外進出の足がかりができます。

例えば、海外のイベントにブース出展をすることによって、低予算で海外でのサンプリングなどのマーケティングができます。

これらを考え、ASIA POP CULTURE FESTIVALの後援をしています。

 

ASIA POP CULTURE FESTIVALとは

前身も含めると過去5年間で約60回以上の開催を数えます。 規模も拡大し、 全国Zeppツアーを開催できるまでに成長させることができました。

2015年末より、 ZeppDivercity東京から始まり、Zeppなんば、 Zepp福岡、 Zepp名古屋と開催し、2016年 8月10日にZepp TOKYOにて総決算であるファイナルを迎えました。 今後は台湾やタイを始めとする、 アジア全域での定期開催を目指します。 ASIA POP CULTURE FESTIVALは日本の文化や技術を大切にしております。特にアジア各国では日本のポップカルチャ ー(オタク文化)が凄い人気です。アイドル・アニメ・コスプレなどがポップカルチャ ーと呼ばれています。

台湾やタイなどでは日本のポップカルチャ ーのイベントで 10万人規模の動員をするものが多数あります。 我々は、 ASIA POP CULTURE FESTIVALを1イベントとは捉えておリません。
アジア各国での開催に より各国の人々や企業などの文化交流だけでない経済交流も盛んになるとを考えております。

アジア各国からのインバウンド、 日本からアジア各国へのアウトバウンドのさまざまなビジネスが生まれていくことでしょう。 日本の文化をアジアヘ、 さらには世界へ向けて発信すること。 日本とアジアの文化交流や各国の発展に貢献する
ことができ、 関わる全ての方に実りあるショーを創ることができれば、 それ 以上の喜びはありません。